哀れと思う人はそれでもいい!それでもこれが私の歴史

競馬初心者が抜け出せない穴に嵌まる

なぜ私がこのような記事を書き続けているかというと、私も金という欲に振り回され何個も競馬獲得情報をハシゴし、あげく何百万円という借金を背負ったからです。
私が競馬を始めたのは31歳の頃。それまでは一切ギャンブルに手をつけなかったのですが、
新しい趣味の開拓の一つとして競馬を選びました。
何もわからない私でしたが、競馬場に行き、スタッフに手取り足取り教えてもらい、
(競馬場のスタッフはとても親切なんでわからないことがあれば聞いてみましょう)
パドックにて初めて競走馬を見た瞬間から、私は競馬の魅力にとりつかれていたのかもしれません。
そしてパドックを見て決めた馬券を券売機で買い、実際のレースを見たときはそれだけで感動しました。
おそらくここで私の人生は変わってしまったのでしょう。


【その馬券がなんと的中してしまったのです。】
普通に考えればビギナーズラックというやつでしょう。
しかし、人間というのは欲深い生き物なんで、次はもっとでかいのを当てたいという【強欲】が出てきるのですね。
もちろん競馬はそんなに生易しいものではないので、次に当たることはありませんでした。
そうなると負の連鎖です。多くの悪徳情報をハシゴしてしまいました。
そういった経験があるからこそ、私は同じような人を作らないため、自分への戒めのためにこの記事を書き続けています。